2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 実験用ロボの電源を考える | トップページ | C#でPSDセンサを「見える化」する »

2009年10月31日 (土)

実験用ロボのPCインターフェイスとC#で作るコンソール

PCとロボの通信はシリアルポートを使います。

ケーブルにはタンサーボーグ付属のD-sub9P→3.5miniの変換ケーブルを使います。これはTx,Rx,GNDだけを普通のオーディオケーブルに引き出したもので、他の信号線は引き出してません。したがって無手順(ハンドシェィクなし)で使うことを前提にしているようです。

Dscn0103_2 Dscn0104_3

普通のシリアルケーブルだと、かなり硬いので移動ロボットの動きを阻害します。これはやわらかいので、その心配はありません。

さらに、ダイソーで売っている3mのヘッドホン延長ケーブルで延長できるので、ロボが遠くいっても大丈夫です。延長ケーブルを2本継ぎ足して通信していますが、9600bpsでは何の問題もありません。

タンサーボーグを持っていない人でも簡単に自作できると思います。本当に便利ですよ。

 

さらにC#の肩慣らしというわけで、簡単なコンソールソフトも製作しました。センサーの読み出し値を表示したり、ボタンをクリックしてロボにコマンドを送ることができます。

Photo

SENSOR VIEWというエリアには、PSDで計測した距離がイメージとして表示されます。ロボットの見ているイメージを人間にわかる形で表示するものです。センサーの範囲外が黒、距離が近くなるにつれて明るく表示しています。

この画面だと、前方左に何かあるようです。これがロボットの「見ている」世界なんですね。

次回はコンソールによるPSDの「見える化」についてです。

« 実験用ロボの電源を考える | トップページ | C#でPSDセンサを「見える化」する »

ロボット作ろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/32009160

この記事へのトラックバック一覧です: 実験用ロボのPCインターフェイスとC#で作るコンソール:

« 実験用ロボの電源を考える | トップページ | C#でPSDセンサを「見える化」する »