2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 加速度センサをひとまずあきらめる | トップページ | ロボットシャーシの部品を作りました »

2009年12月 8日 (火)

小型移動ロボに向いているモーター

シェーキーの外形設計はぼちぼち進んできました。この週末には木取りが出来るといいんですが。

今日は今回使った実験用ロボのような、小型移動ロボのモーターについてです。
ベースに使ったロボットキットのモーターはマブチのFA130のようです。おそらく、2270タイプでしょう。これは0.22mmの巻線が70ターン巻いてあるという意味です。
タミヤの小型ギアボックスには同じモーターを使ったものが多いようですね。

モーターのパワーは、電力、つまり電圧と電流の積で決まります。FA130は乾電池1〜2本という低電圧で適当なパワーを確保するため、電流を多く流すよう回転子の巻き線を決めています。
電池が元気なら、巻き線を減らして(電気抵抗を減らして)電流を流した方がパワーが得られます。

ところが、今回使用したモータードライバでは、ドライブできる電流が少なめなので、どちらかというとモーターの電圧を上げて、パワーを確保しないと、発熱量が増えて具合が悪いことが起こります。

と、いうことはFA130と同じ形で、巻き線のもっと多いモーターがあれば、高電圧で安定に使えるので好都合でしょう。
見つけました。これです。

早速実験用ロボ用に購入しました。送料の方がかかってしまいましたが。

ちょっと乱暴ですが、使いさしの電池を使いロック状態での電流を計ってみました。(あっ、テスタで抵抗を計った方がよかったかな?)ロックさせたときの電池の電圧は0.9Vくらい、タミヤのFA130で900mA、このモーターで550mAくらいでした。確かに巻き線が多いようです。データの18100タイプ(0.18mm100ターン)ではないかと思います。

モーター電圧4.5Vで試してみると、ドライバもほとんど発熱せず、パワーも十分、いい感じです。
タミヤのギアボックスを使った小型移動ロボにはこのモーターが良いようです。

« 加速度センサをひとまずあきらめる | トップページ | ロボットシャーシの部品を作りました »

ロボット作ろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/32539643

この記事へのトラックバック一覧です: 小型移動ロボに向いているモーター:

« 加速度センサをひとまずあきらめる | トップページ | ロボットシャーシの部品を作りました »