2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 反射行動とPSDの距離変換のソースコード | トップページ | シェーキーの体内ネットワークを考える(その1) »

2010年2月 8日 (月)

ドライブサーバの基板を作る

ロボット作ろう:シェーキー製作記

ドライブサーバの基板を作りました。

Dscn0474

基板は秋月のこれです。シェーキーは大きいように見えますが、メンテナンスの都合などを考えると案外スペースがありません。なるべくコンパクトにします。この基板にはジャイロや加速度センサは取り付けません。別基板に組み立てる予定です。これはレイアウトの自由度を上げるためです。

右側の大きな部品がモータードライバ、東芝のTA8428Kです。PWMなどのインテリジェントな機能のない素朴なドライバなので、PWMはソフトで行います。

マイコンは実験用ロボでも使ったPIC16F886です。PicKit2でインサーキット書き込みを行うので、ソケットは要らないのですが、モーター用に12Vを引き込むこともあり、万一の過電圧破壊に備えてソケットを使用します。ユニバーサル基板で28PのICの取り替えは結構大変です。

いままでは内蔵の8MHzクロックを使用していましたが、ちょっと速度不足なので、今回からは20MHzの水晶を外付けします。秋月のこれは、一見面実装ですが、足が平べったいワイヤーなので、写真のように起こしてユニバーサル基板に挿入できます。


Dscn0472

次回はサーバーソフトの仕様についてです。

« 反射行動とPSDの距離変換のソースコード | トップページ | シェーキーの体内ネットワークを考える(その1) »

ロボット作ろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/33289619

この記事へのトラックバック一覧です: ドライブサーバの基板を作る:

« 反射行動とPSDの距離変換のソースコード | トップページ | シェーキーの体内ネットワークを考える(その1) »