2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« iPhoneでロボット制御は出来るの? | トップページ | iPhone実験用ロボのミッションを決める »

2010年4月30日 (金)

iPhoneのインターフェイス方法を考える

リモートブレインの夏休み:iPhoneロボ

さて、どうやってロボットとiPhoneを接続しましょうか。

考えられる方法は、こんなところでしょうか。

1:無線LANを使用する
2:音声入出力を利用する
3:画面の画像とタップを利用する
4:画像認識を利用する(入力のみ)

1の無線LANはかなり自由度高そうですが、ロボット側に無線LANの機能が必要です。ハードの敷居が高いですね。ネットタンサーを改造するか、最近出たヤツだと、近藤科学のこれなんか使えそうですが、ちょっと高いですね。
それに、3G回線でインターネットに接続した状態で、無線LANが使えるのかどうかが不透明です。これが出来ないと、インターネット経由のリモートブレインが実現できません。

2はなんとかなりそうですね。
学生の頃、手作りコンピュータの外部ストレージと言えば、カセットテレコでした。FSKやトーンバーストで低周波信号にデータを乗せ、プログラムのセーブやロードに使っていました。安物のテレコでは300bpsくらいがいいところでしたが。
iPhoneでは、任意のサウンドファイルを連続的に出力できますし、マイク音量のプロパティがあるようですので、振幅変調でのデータ入出力は出来そうです。ただし、その時のビットレートは、やってみないとわかりません。

3は最も素朴な方法です。
見つけられなかったのですが、マインドストームの光センサでiPhoneの画面を読み、移動ロボットを動かしている画像があるそうです。
タップはちょっと難しそうですが、電気的に人体をシミュレートした回路で実現できるのではないでしょうか。
ただ、通信速度はそんな高速ではないでしょう。

4は入力のみなので、他の方式と併用することで、入力チャネルを広げるために用いることになるでしょう。これはあとで考えればいいと思います。

例によって、実験用ロボットを手っ取り早く作ってiPhoneプログラムの肩ならしをするために、最も簡単な3の画面方式をテストすることにします。

それも、タップの方はまだノーアイデアなので、ともかく画面を光学的に読む方法を試してみようと思います。

« iPhoneでロボット制御は出来るの? | トップページ | iPhone実験用ロボのミッションを決める »

リモートブレインの夏休み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/34445827

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneのインターフェイス方法を考える:

« iPhoneでロボット制御は出来るの? | トップページ | iPhone実験用ロボのミッションを決める »