2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« iPhoneのインターフェイス方法を考える | トップページ | 試作iPhoneアプリと光センサ »

2010年5月 1日 (土)

iPhone実験用ロボのミッションを決める

リモートブレインの夏休み:iPhoneロボ

と、いうことで、半月ほど前に、10800円を払ってiPhoneのデベロッパ登録を済ませました。

あとはiPhoneロボでどんな実験をしてみるかです。この企画の趣旨が「アウトドアロボット」ですから、実験用ロボもアウトドアをテーマにしたいと思います。

子供の頃読んだ「鉄人28号」のマンガで、世界各国のロボットが性能を競うために、エベレストのような高山に登るという話がありました。悪者が作ったロボットが、他のロボットを転落事故に偽装して破壊してしまい、その調査のために正太郎と鉄人が呼ばれる、というようなストーリーだったように思います。

なんか、その頃話題になっていた、ナイロンザイルの切断事件が下敷きになっているような話ですね。井上靖の氷壁でしたっけ。

ロボットが山に登って帰ってくる、しかもリモコン操縦ではなくて、自律的にです。自社ロボットの帰りを待つ人々の緊張感が、ページから伝わってくるような、力作だったと思います。(うろ覚えですが‥‥)

実験用ロボは、これで行こうと思います。「山に登るロボット」です。
加速度センサを使って、高い方に進行するロボットを作ってみようと言うことです。別にiPhoneでなくとも良さそうですが、iPhoneソフトの肩ならしですから、がんばってやってみましょう。

近所の公園には、丘があり、適当な斜面があるので、実験場所には事欠きません。

« iPhoneのインターフェイス方法を考える | トップページ | 試作iPhoneアプリと光センサ »

リモートブレインの夏休み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/34447350

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone実験用ロボのミッションを決める:

« iPhoneのインターフェイス方法を考える | トップページ | 試作iPhoneアプリと光センサ »