2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« iClimberの再チャレンジ | トップページ | 移動ベースの塗装完成 »

2010年5月 6日 (木)

合板の塗装は難しい

ロボット作ろう:シェーキー製作記

移動ベースを組上げるには、まず塗装をしなければなりません。

このゴールデンウィークは遠出の予定が無かったので、塗装を進めることが出来ました。

合板のように肌の粗い木材の塗装は、中学の頃のバルサ工作以来です。当時は、下地仕上げもろくにしないで、豆ラッカーをはけ塗りですから、もうなんというか、ガサガサの仕上がりでした。

それ以来、模型にしろ、家具にしろ、木工品の塗装などしたことがありません。
はたして、うまく行くのでしょうか。

ともかく、定石どおり、砥の粉で木目を押えてみました。初めての作業です。どうも加減がわかりません。

乾燥させてから、プラモデル用のサーフェーサーを吹いて、800番でペーパーがけの工程を、2回やりました。
その状態がこんな感じです。

Dscn0655

写真ではわかり難いですが(クリック拡大します)、かなり地肌がでちゃってます。が、サーフェーサーが無くなってしまいました。

次に、シルバーを吹いて、ペーパーがけをこちらも2回繰り返しました。
これくらいすると、だいぶ地肌が隠れます。

Dscn0667

ここでタイムアップ。あと仕上げにもう一回シルバーを吹き、シャーシのふちを黒く塗り分ければ完成です。

« iClimberの再チャレンジ | トップページ | 移動ベースの塗装完成 »

ロボット作ろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/34543879

この記事へのトラックバック一覧です: 合板の塗装は難しい:

« iClimberの再チャレンジ | トップページ | 移動ベースの塗装完成 »