2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« iPhoneの自動タップメカは作れますが…… | トップページ | iPhoneの環境光センサでロボからデータ受信 »

2010年6月27日 (日)

ツィッターを(ちょっとだけ)あきらめる

リモートブレインの夏休み:iPhoneロボ

残念ながら、画面をメカでタップしてメールを送信するのは、あまりにもマンガみたいなのでやめることにしました。ブログのタイトルからすれば、マンガもアリかなという感じですが、そんなメカを開発しても、それほど将来性もなさそうですね。

かといって、メールクライアントを実装するにも、知識が無いので大変そうです。オープンソースのコードはあるようですが、初心者向けのサンプルコードではないので、たぶん、相当ちんぷんかんぷんでしょう。

と、いうわけで、今回は、写真などのフィードバックを、レンタルサーバにFTPであげることにしました。10年ほど前に取得し、そのまま放置されているドメインとレンタルサーバの出番です。

FTPは比較的簡単に実装できました。ツィッターで「写真」というキーワードのあるツィートを投稿すると、カメラ起動→写真撮影→FTPでアップロードを自動で行います。
その結果がこれです。

最初から、サーバを利用すれば良かったですね。phpはダメみたいですが、Perlは使えるので、webだけで完結したシステムが出来ますからねえ。でも、流行りのツィッターにちょっと乗っかってみたかったんです。

ともあれ、試作モデルは、「アウトドアに居るロボットにツィッターで命令し、あたりを探検させることが出来る。レスポンスはカメラ画像などで、専用webサイトにアップする」という仕様になりました。

« iPhoneの自動タップメカは作れますが…… | トップページ | iPhoneの環境光センサでロボからデータ受信 »

リモートブレインの夏休み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/35534601

この記事へのトラックバック一覧です: ツィッターを(ちょっとだけ)あきらめる:

« iPhoneの自動タップメカは作れますが…… | トップページ | iPhoneの環境光センサでロボからデータ受信 »