2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« リモートブレインの通信手段としてのツィッター | トップページ | iPhoneの自動タップメカは作れますが…… »

2010年6月23日 (水)

ロボットからのフィードバック(ツィッター編)

リモートブレインの夏休み:iPhoneロボ

いろいろと使い勝手の問題はありますが、ツィッター経由で、リモートブレインロボットに指令を出せることは確かめられました。
現在はリモートブレインというよりは、テレオペレーションとでもいうべきでしょうが、とにかくナントカはなります。

送る方はいいとして、うける方をどうしましょう。短いテキストだけだとわかり難いので、カメラ画像や、環境の計測値を画像データの形にまとめたものを、受け取りたいところです。

またまた、付け焼き刃で調べたところ、twitpicというツィッター連動型の画像サービスを見つけました。これは、ツィッターのアカウントを持っていれば、Eメールに画像を添付して送るだけで、画像の掲載と、ツィートが出来てしまいます。ちょっと文字化けしていますが、日本語コードの問題です。

ややこしい認証も必要ないので、とても簡単です。

また、iPhoneでのアプリもMessageUIフレームワークをインポートするだけで、画像添付のメールを簡単に送信することが出来ます。

やったー、ということでテストしてみました。
こんな感じです。

Img_0104

うーん、残念。このフレームワークはあくまでもメール送信のユーザーインターフェイスを開くだけ、送信するには、sendボタンをタップしなければなりません。

同じようなUIで、カメラで撮影するものがありますが、これにはシャッターを切るメソッドが組込まれているので、自動撮影は可能です。
でも、このMessageUIには、ヘッダファイルをくまなく読んでも、そのようなメソッドはありません。あくまでも、ユーザーの送信許可を必要とする仕様のようです。

なかなかうまくは行きません。

« リモートブレインの通信手段としてのツィッター | トップページ | iPhoneの自動タップメカは作れますが…… »

リモートブレインの夏休み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/35400918

この記事へのトラックバック一覧です: ロボットからのフィードバック(ツィッター編):

« リモートブレインの通信手段としてのツィッター | トップページ | iPhoneの自動タップメカは作れますが…… »