2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« iPhoneの環境光センサでロボからデータ受信 | トップページ | 実証試験の中身を決める »

2010年7月 1日 (木)

近接センサで大失敗

リモートブレインの夏休み:iPhoneロボ

前回の投稿で、ひとわたりiPhoneからのデータの上り下りができそうなので、早速テストしてみました。ところが、LEDをセンサのあたりで点滅させてみましたが、全く反応なしです。

いろいろ試してみたところ、どうも早とちりがあったようです。

「近接センサ」と「環境光センサ」は物理的に同じもので、明るさの変化から、なにかが近づいてきたのを判別している、と、何となく理解していましたが、これが大間違い。
「近接センサ」はPSDのように、赤外線の反射を利用して物体を感知しているようです。

真っ暗な場所でも画面は点灯するし、その状態で耳に近づければ、ちゃんと画面が消えるので、明るさでみていないのは、ちょっと考えればわかりそうなもんですねえ。

可動部分なしに、近接センサを反応させるのはちょっと難しそう。結局メカでなにかを近づけなければだめそうです。

残念。やり直しです。

« iPhoneの環境光センサでロボからデータ受信 | トップページ | 実証試験の中身を決める »

リモートブレインの夏休み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/35589887

この記事へのトラックバック一覧です: 近接センサで大失敗:

« iPhoneの環境光センサでロボからデータ受信 | トップページ | 実証試験の中身を決める »