2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« テストドライブ | トップページ | まだまだ続く夏休み »

2010年8月25日 (水)

もうすこし広いところでテストドライブ

リモートブレインの夏休み:iPhoneロボット

試験場がちょっと狭いので、マンションのロビーを借りて、もう少しスピードを出すテストをしました。ソファーセットやテーブルが置いてあるサンルームのような場所です。床は人造大理石です。

Dscn0870  Dscn0873

5mくらいの直線部が確保できるので、スピードも上がるはずですが… 微速から低速に上がるとソナーが反応してアボートしてしまいます。

振動がソナーの超音波マイクに伝わり、誤動作するようです。

以前(もしかすると学生時代かもしれませんが)ロジックICとトランジスタでソナーを作った時も、基板をコンコンとたたくと表示が乱れたのを覚えています。超音波マイクは40KHzくらいに共振するようになっていますが、たたく衝撃の振動成分には、かなり高い周波数がふくまれるので、誤動作を誘い易いようです。

iRoverのようなキャタピラ車は、キャタピラの爪を地面に打ち付けながら走行するので、大理石のような固い路面では、衝撃が発生し易いのかも知れません。

最新型のソナーなので大丈夫かなと思っていたのですが、やはり基本は一緒でした。ただ、微速移動中やサーボでアタマを振りながらのソナースキャンなどでは、ノイズの混入は見られません。やはり安定性は格段に進歩しているように思います。

現在は白いナイロンスタッドでソナー基板を止めていますが、これをラバーのスタッドに変更してみることにします。

Dscn0876

« テストドライブ | トップページ | まだまだ続く夏休み »

リモートブレインの夏休み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/36358452

この記事へのトラックバック一覧です: もうすこし広いところでテストドライブ:

« テストドライブ | トップページ | まだまだ続く夏休み »