2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« iPhoneとロボットボディの通信を見直す | トップページ | AR.Drone来ました »

2010年9月27日 (月)

ソフトモデムは一筋縄じゃあいかないね

リモートブレインの夏休み:iPhoneロボット

件の書籍のHPはここで、オーディオ端子からFSKで外部機器と通信できる、Serial Modemのソースコードもダウンロードできます。

とりあえずこれをXcodeでビルドしてみましたが… 残念ながらうまく行きません。Xcodeのバージョンが違うためか、日本語環境のためなのかわかりませんが、iOS2用にビルドしてみると、シミュレータでは何となく動きますが、実機ではダメでした。
この本を読むような本物のハッカーなら、なんとかできるのでしょうが… 

ということで他を探してみたら、このSirial Modemのソースを元に、ちゃんと動くiPhoneのシリアルターミナルを作っている方がいらっしゃいました。こちらです。

この方はすごいですね。iPhoneのターミナルだけでなく、Arduinoの通信ドライバやアナログ部分の基板まで作っちゃってますからね。Arduinoを使っているヒトは、簡単にiPhoneとの連携ハードが作れちゃうというわけです。こちらのブログに開発記があります。
(ところでArduinoってなんて読むんでしょう?アウヂューノ?アルディーノ?)

今回はこの方のSoftModemTerminalのソースコードを使わせていただいて、PICマイコンでFSKモデムを作り、coronのシリアルポートと通信をさせてみようと思います。

« iPhoneとロボットボディの通信を見直す | トップページ | AR.Drone来ました »

リモートブレインの夏休み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/36960294

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトモデムは一筋縄じゃあいかないね:

« iPhoneとロボットボディの通信を見直す | トップページ | AR.Drone来ました »