2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« XBeeでシリアルカメラを無線化する(その1) | トップページ | XBeeでシリアルカメラを無線化する(その3-おしまい) »

2011年1月11日 (火)

XBeeでシリアルカメラを無線化する(その2)

花岡ちゃんのウィークエンド

PICのブログラムはいつものようにccscで作りました。特に変わったことはやっていないので、他のcへの移植も難しくないでしょう。
「serialBridge.zip」をダウンロード

PCからXBee経由で"P"一文字を受信すると

1・カメラの電源を入れる(デフォルトの通信速度38400bps)
2・4秒待つ
3・カメラに撮影コマンドを送る
4・カメラから256バイト読み込む
5・XBeeからホストへ256バイト送る
6・4と5をJPEGファイルデリミタ(0xFF 0xD9)が来るまで繰り返す
7・カメラに終了コマンドを送る
8・カメラの電源を切る

と言うシーケンスを実行します。
カメラ起動後4秒待っているのは、電源投入後2-3秒まてとマニュアルにあるためです。おそらく明るさの自動調整の時間ではないかと思います。

シリアルカメラは320X240dotに設定し、XBeeのシリアル通信速度は両方とも38400bpsに設定します。もちろん、PC側をCoodinator、カメラ側をEnd Deviceに設定するのをお忘れなく。ここでやってますね。

PC側のソフトはVC#2008ExprssEditionで製作しました。画面は丸まって熟睡しているウチのネコです。どこが頭だかわかりませんが。

Nekocam

OPENボタンをクリックしてXBeeのポートを開きます。(コンパイル前にserialPort1のプロパテイにポート番号をセットしておく必要があります。)
あとはSTARTボタンをクリックすれば、写真が表示されます。起動から転送にはこのサイズの画像で18秒ほどかかります。

参考までにVC#のプロジェクトを公開します。
「JPEGbridgeTest.zip」をダウンロード

次回は試作品の性能をチェックします。

« XBeeでシリアルカメラを無線化する(その1) | トップページ | XBeeでシリアルカメラを無線化する(その3-おしまい) »

花岡ちゃんのウィークエンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XBeeでシリアルカメラを無線化する(その2):

« XBeeでシリアルカメラを無線化する(その1) | トップページ | XBeeでシリアルカメラを無線化する(その3-おしまい) »