2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« XBeeの通信速度で(ちょっと)モヤモヤ | トップページ | XBeeでちょっと訂正 »

2011年2月 2日 (水)

LinkSpriteのシリアルカメラ!

「ウィークエンド」で使っているLinkSpriteのシリアルカメラですが、いろいろとトラブルの情報をいただいています。内容はこの投稿のコメントをご覧いただくとして、本家では何か問題が出てないのかなとsparkfunの商品紹介ページを見ていたら、コメント欄の一番下(2011年1月26日付け)の投稿に気になるモノがありました。このページの最後です。かいつまむとこんな内容です。(原文にはコマンドをどう間違えたかを具体的に書いているので、そちらも見た方がいいと思います。)

ツイてない質問主のtessarさん、『画像サイズ変更コマンドのパラメータを誤って送信し、再起動(このコマンドは再起動後に変更した画像サイズになるので)したところ、リセットシーケンス終了がこない、その後正しい画像サイズのコマンドを送ったものの、うんともすんとも言わなくなってしまった。EEPをクリアするかデフォルトリセットの方法は無いか』 という質問です。

しかもさらにツイてないことに、『これは2台目のカメラで、1台目はやっぱり間違ったコマンドで壊れたようだけれど、自分としては画像サイズを変えようとした覚えは無いんだけど』 と、ぼやいてます。

これには2日後に自己レスがあって…

『LinkSpriteのサポートに連絡したら、送り返してくれればファームウェアを復旧すると言われた。自分自身では復旧出来ないようだった』 という報告でした。しかし続けて、 『でも、思うにこのカメラは、通信や安定なパフォーマンスにおいて、4Dsystemsのヤツよりずっといい』 とも言っています。

最後にtessarさんは声を大にして(大文字で!)、画像サイズ変更コマンドでMESSするな!と、全ユーザに向けて叫んでます。MESSには散らかすとか言う意味があるからこれでいいのかな? それとも力が入りすぎてMISSしちゃったのでしょうか? 欧米人ではないのでこの辺はわかりません。

これからわかるのは、パラメータを引き渡すコマンドには、マニュアルにある以外のパラメータを与えると、ひどいことになる可能性あり、と、いうことではないでしょうか。tessarさんの1台目のカメラが、問題のコマンドを送った覚えがないのに壊れたのは、そのせいなのかもです。
でも、そのためにはそれらのコマンドがEEPにデータを保存するものでなければなりません。たとえばボーレート変更コマンドは、確かに動作中のボーレートを変更しますが、リセットするとデフォルトの値に戻ります。だからEEPに保存されるわけではないと考えるのが普通ですが、本当にそういう設計になっているかどうかはわかりません。

僕は運良く失敗しなかっただけなのかもしれません。

基本的には、僕もtessarさんの意見には賛成で、このカメラはシンプルで使い易いので、アマチュアの電子工作の素材としては面白いものだと思います。4Dsystemsのカメラにもちょっと興味がありますが。

「壊れた」カメラは、こちらのshintaさんページを読めば、自分でも復旧できそうです。

« XBeeの通信速度で(ちょっと)モヤモヤ | トップページ | XBeeでちょっと訂正 »

管理人のページ」カテゴリの記事

花岡ちゃんのウィークエンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/38712707

この記事へのトラックバック一覧です: LinkSpriteのシリアルカメラ!:

« XBeeの通信速度で(ちょっと)モヤモヤ | トップページ | XBeeでちょっと訂正 »