2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« XBeeネットカメラを組み立てる | トップページ | LinkSpriteのシリアルカメラ! »

2011年2月 2日 (水)

XBeeの通信速度で(ちょっと)モヤモヤ

XBeeネットカメラの拾遺ということで…  Dscn1468_2   

前の投稿にコメントをいただいてますが、今回使用したLinkSpriteのシリアルカメラは、ボーレートを変更すると故障する「前科」があったそうです。今回僕が使ったモノはそういう問題は起こりませんでした。バージョンが上がったのかも知れませんが、製品にシリアルナンバーなどが無いので何ともわかりません。詳しくはコメントを見てください。

同じく前の投稿で「XBeeの通信速度は40Kbpsくらい云々…」と言う記述があります。これは僕の書き方が悪くて、「115.2Kbpsにしても38.4Kbpsからちょっと早くなるだけだから40Kくらいの感じ」と言う意味です。実際の通信速度が40Kbpsもあるわけではありません。わかり難いですね。

では、実際のXBee間の通信速度はいかほどかというと、12Kバイトの画像(320X240のJPEG画像はこれくらいの大きさです)の実転送に13秒くらい(起動時間3秒は含まず)かかってますから、12/13で920バイト/秒と言うことになります。1バイトはスタート・ストップビットを入れて10bitなので、通信速度は9200bps、なじみのあるところでは9600bpsくらいということになります。無線LANなどの影響があるのかどうかわかりませんが、こんなものなのかなあ、と言う感じです。でも安定性は及第点で、有効範囲内ならデータ落ち、ビット化けなどは感じられません。

ただ本機の場合は、カメラから読んでXBeeに送るという操作をしていますので「2倍」のデータを転送しているわけですが… カメラから12Kバイトの画像を吸い出す時間は38,4Kbpsで約3秒、115.2Kbpsならわずか1秒ほどですから、全体の転送時間に対して、そのウェイトはそれほどでもないですね。
前回の投稿で、「115.2Kbpsにしたら1〜2秒早くなった」のを確認しましたが、短縮した2秒はどうもカメラからの吸い出し時間のようですね。

(後日追加:下記のバッファサイズは間違いです。訂正はこちら
それから、同様のカメラをXBeeに直接つないで無線化している方もいらっしゃるようです。フロー制御は? と思いマニュアルをDLしてみたら特にフロー制御なし? データ転送の方式は今回のカメラと似ているようですが… データパケットのデフォルトがわずか64バイト! これなら37バイトしかないXBeeの送信バッファでも、ボーレートの設定いかんでは何とかなるかも知れません。今回のカメラでもチャンク(パケット)サイズは可変出来るので、同様のテクニックが使えるのではないでしょうか。

なーるほど。京極堂に憑き物を落とされた感じです。僕はデータ転送というからには、せめて256バイトくらい送らないと申し訳ない。つまり、効率が悪いと思ってました。たしかに小さなパケットだとヘッダのオーバヘッドが大きくなるので転送時間はずっとかかりますが、今回作ったようなシリアルブリッジが必要なくなりますねえ。勉強になりました。

« XBeeネットカメラを組み立てる | トップページ | LinkSpriteのシリアルカメラ! »

花岡ちゃんのウィークエンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/38697469

この記事へのトラックバック一覧です: XBeeの通信速度で(ちょっと)モヤモヤ:

« XBeeネットカメラを組み立てる | トップページ | LinkSpriteのシリアルカメラ! »