2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« HMC6352デジタルコンパスの使い方 | トップページ | TRAKRのアプリを作る »

2011年6月20日 (月)

すごいオモチャSPY Video TRAKR

管理人のページ:

ここからカメラ付き偵察ロボットのオモチャ、SPY Video TRAKRを購入しました。なんと、送料が$142もかかってしまいましたが。

Dscn1710_2  Dscn1708_2

左側の写真手前にあるリモコンに小さな液晶画面があり、ロボットのカメラ画像が映し出されます。コレを見ながら左右のレバーでロボットを操縦するわけです。右の写真ではネットタンサーと比べています。カメラ位置は低く、ぐんと踏ん張ったデザインでキャタピラ走行、安定性は抜群に優れています。

使用周波数は無線LANや最近のラジコンと同じ2.4GHz帯です。ただし、このオモチャは日本の電波法をクリアしていないので、普通に使うわけには行きません。今回は鉄筋コンクリートのマンションの一室をシールドルーム代わりとして、室内実験にとどめることにします。アメリカの商品としては電波は弱めで、リモコンを玄関から外に持ち出すと通信できなくなります。これなら隣近所に強力な違法電波をばらまく心配はなさそうです。

遊び方はこの動画を見ていただければ一目瞭然だと思います。

カメラの写りはこんなもんです。画面をデジカメで撮ったのでいまいちな感じですが、実際はもっとまともです。右側の画面はCYBORG VISIONという「アプリ」を実行している場合で、ターミネーターの視界のような感じです。真ん中の計器はオドメトリを利用したらしいコンパスで、ヘディングの方向が大体わかります。なんかすごいですね。

Dscn1712_2  Dscn1716

このオモチャはスマートフォンのように「アプリ」をダウンロードすることで、機能を追加できるのが特徴です。しかも、ARM9コアのプロセッサを搭載し、gccでアプリを開発するという、見かけによらぬ本格派。この辺が気になっていた商品なので、円高を機に購入に踏み切りました。

このように本体にCFカードを挿入し、USBでパソコンに接続すると、ドライブとして認識されます。作成したアプリを指定のフォルダに格納すると、右側の写真のように、リモコンの画面でアプリが選択できるようになります。

Dscn1711_2  Dscn1719_2

アプリの選択はリモコンで簡単にできるので、まさにスマートフォン感覚です。ロボットを潜入させた部屋の明かりが消えたら、ナイトビジョンアプリを起動してスパイ活動開始! といった感じでしょうか。

次回はアプリ開発について投稿します。

« HMC6352デジタルコンパスの使い方 | トップページ | TRAKRのアプリを作る »

管理人のページ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/40465218

この記事へのトラックバック一覧です: すごいオモチャSPY Video TRAKR:

« HMC6352デジタルコンパスの使い方 | トップページ | TRAKRのアプリを作る »