2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 夏休みに作ろう!自動制御で坂を登るロボクライマー(6) | トップページ | 電池で動くWi-FiカメラCS-W07G-CY(やっと)到着 »

2011年8月21日 (日)

周回遅れのiPhone開発

リモートブレインの夏休み:

この夏休みは、新iRoverのアプリ開発に着手しました。ようやくiOS4でのソフトの製作です。巷ではiOS5の噂がかまびすしい昨今ですが、ようやく4のとっかかりです。まさに周回遅れの感アリです。

iOS4では、カメラ画像の取り扱いがやり易くなりました。こんな風に、画面にカメラからのリアルタイムの画像を任意の位置に、任意のサイズで表示しながら、タイミング良くキャプチャするようなアプリも簡単に作れます。

Dscn1801

試作中のアプリは、webサーバにあるテキストファイルを読み込み、更新されていたらそのままFSKで外部に送信するようになっています。また、外部機器からFSKで送信されたデータを、テキストファイルとしてそのままサーバにアップする機能も持っています。

これは、専用webサイトとロボットとの間に入るインテリジェントブリッジで、ロボットをwebページからコントロールすることを目的にしています。前のIRoverアプリは、ツイッターで命令を出しますが、今回のものはカメロ同様に、WEBのAPI経由でロボットにアクセスする仕様になっています。

モチロン、カメラ画像のアップロードも可能です。今回のシステムは、WEB APIからでも外部機器(ロボット)からのFSKによるコマンドでも写真撮影が可能で、ロボットのセンサーが反応したら、iPhoneで写真を撮ってサーバにあげるような使い方も出来るようになっています。

ロボタやiRoverのアプリは、iPhoneをロボットのコントローラとするもので、ロボット側のマイコンはモーター制御などの低レベル制御を行うだけでした。今回のアプリではiPhoneは「カメラ付き通信機」の役割に甘んじ、webサイトからのコマンドを解析し、ロボットのアクションを組み立てるのは、ロボットに搭載したマイコンにゆだねることにしました。

このようにすると。同じアプリで複数のロボットに対応することが出来、その都度新しいアプリを作る必要が無くなり、開発工数を倹約できます。いろいろなロボットを作って楽しみたいホビースト向けの仕様と言えるでしょう。

« 夏休みに作ろう!自動制御で坂を登るロボクライマー(6) | トップページ | 電池で動くWi-FiカメラCS-W07G-CY(やっと)到着 »

リモートブレインの夏休み」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
福岡工業大学のsatoshiと申します。
今回、研究課題に行き詰まっている最中、このホームページにたどり着きました。
ロボットをコントロールするアプリが作れず、サンプルのアプリも見つかりません、、、

もしよければ、この記事のアプリのコードをサンプルとして見せていただけないでしょうか。
もしダメでも、どのようにシステムを作ったのかお伺いしたいので、連絡をお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/41283717

この記事へのトラックバック一覧です: 周回遅れのiPhone開発:

« 夏休みに作ろう!自動制御で坂を登るロボクライマー(6) | トップページ | 電池で動くWi-FiカメラCS-W07G-CY(やっと)到着 »