2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« MTM07に行ってきました | トップページ | STM32F4 DISCOVERYのGPIOをテストする(プログラム作成編) »

2011年12月 6日 (火)

STM32F4 DISCOVERYのGPIOをテストする(新規プロジェクト編)

ロボット作ろう:シェーキー製作記

ポートの構成がわかったところで、新規プロジェクトを作成してみましょう。
以下、TrueSTUDIOでの新規プロジェクトの製作法です。プロジェクトは現状のワークスペースに作られます。

1・FileメニューからNewをプルダウン、C Projectを選択

2・プロジェクト設定ダイアログ
下記のようなダイアログが開きます。プロジェクト名と構成を入力します。

Photo

Project Nameにプロジェクト名を英文で入力。Project TypeのEnbedded C Projectをクリックして選択。Nextをクリックします。

3・ビルド設定ダイアログ
下記のようなダイアログが開きます。ビルドの設定を入力します。

Photo_2

Evalution BoardからSTM32F4 DISCOVERYを選択。Floating pointは浮動小数点演算をソフトでやるかハードでやるかを選ぶものです。今回はSoftware implementationでソフトを選択しましたが、本来はハードを選択するべきのようです。こっちのほうが高速のはずですからね。
設定したらNextをクリック

4・デバッグツールの選択ダイアログ
下記の画面が開くのでST-LINKを選択。FINISHで終了です。

3

これで新規のプロジェクトができました。メイン画面左側のProject Explorerでプロジェクト名を開き、srcフォルダの下のmain.cをダブルクリックして開くと、main関数をはじめ、必要なものはすべて出来上がっているのがわかると思います。
次回はこれをタネにしてプログラムを作成します。

« MTM07に行ってきました | トップページ | STM32F4 DISCOVERYのGPIOをテストする(プログラム作成編) »

ロボット作ろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/43241218

この記事へのトラックバック一覧です: STM32F4 DISCOVERYのGPIOをテストする(新規プロジェクト編):

« MTM07に行ってきました | トップページ | STM32F4 DISCOVERYのGPIOをテストする(プログラム作成編) »