2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« STM32F4の開発環境をTrueSTUDIOからEclipseへ乗り換える | トップページ | TrueSTUDIOからEclipseへ乗り換える(その2) »

2012年7月 3日 (火)

残念なお知らせ

Eclipseで開発環境が構築できたので、やれうれしやというわけで早速シェーキーのコードを移行してみたところ、残念ながらエラー発生です。

まず、浮動小数点演算関係のエラーがでました。
floatの関数にdoubleの変数を与えたりしているところで出ているようです。先輩のブログでせっかく書いてくれているのに端折った僕のせいですね。自業自得です。書いてあるとおりに設定したところ、そのエラーはなくなりました。

次にsprintf関係のエラーです。こちらも先輩の言うことを聞かなかった僕のせい。まったく恥じ入るばかりです。とにかく何とかするということで、必要なファイルをインクルードしてエラーが出ないようにでっち上げ、なんとかビルドを通しました。

恐る恐るシェーキーに転送、プログラムを走らせると・・・ なんとサーボがあらぬ方向に回ってしまい、あわててスイッチを切りました。うーん、そう簡単にはいかないようです。

テストで作ったシリアル通信やらADやらのプログラムを順次移行して、一つずつ動作を確認しながらやっていく必要がありそうです。じっくり取り組みましょう。

これは、アタマが後ろを向き、カメラが真下を向いてしまったシェーキーさんの残念な姿です。あわててスイッチを切ったからコレですんだものの、下手をすれば壊れていたかもしれません。トホホ

Zannen


« STM32F4の開発環境をTrueSTUDIOからEclipseへ乗り換える | トップページ | TrueSTUDIOからEclipseへ乗り換える(その2) »

ロボット作ろう」カテゴリの記事

管理人のページ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/46176113

この記事へのトラックバック一覧です: 残念なお知らせ:

« STM32F4の開発環境をTrueSTUDIOからEclipseへ乗り換える | トップページ | TrueSTUDIOからEclipseへ乗り換える(その2) »