2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ワークスペース内に作業用のディレクトリを作る | トップページ | とっても大事なsetup.bash »

2012年11月11日 (日)

リポジトリからturtlebotスタックを持ってくる

チュートリアルのこのページの後の方は、ワークスペースにどこかからスタックを持ってくる方法の練習のようだ。

”Adding repositories to the overlay"はネット上のリポジトリからスタックを持ってくる練習だ。次の二つのコマンドを実行するとワークスペースにダウンロードされる。

rosws set turtlebot --hg https://kforge.ros.org/turtlebot/turtlebot
rosws update turtlebot

ダウンロードしたスタックがすでに/opt/ros/fuerteにある場合は、そっちのほうが「シャドー」される。ワークスペースに持ってきた方を優先的に使用するという意味のようだ。これはスタックの内容をいじっても、/opt/ros/fuerteにあるオリジナルに影響が出ないようにだ。

このようにして持ってきたスタックをアップデートするにはこのコマンド

rosws update turtlebot

すべてのリポジトリをアップデートするにはこのコマンド(ワークスペースの中の??)

rosws update

ROS wikiのインデクサ(知らない言葉のオンパレードだ)を使ってダウンロードする場合、(おそらくwikiで見つけてすぐダウンロードする場合)は下記のコマンドを実行すると・・

roslocate info turtlebot

こんな結果が返ってくる。

- hg:
local-name: turtlebot
meta:
repo-name: turtlebot-ros-pkg
uri: https://kforge.ros.org/turtlebot/turtlebot
version: default

これをパイプでつないで

roslocate info turtlebot | rosws merge -
rosws update

これでいいようだ。こっちのほうが少し簡単だ。

今回はここまで


« ワークスペース内に作業用のディレクトリを作る | トップページ | とっても大事なsetup.bash »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/47789136

この記事へのトラックバック一覧です: リポジトリからturtlebotスタックを持ってくる:

« ワークスペース内に作業用のディレクトリを作る | トップページ | とっても大事なsetup.bash »