2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« PIC24Fに電子コンパスHMC6352をつないでみる | トップページ | turtlesim_nodeを自作ノードで動かしてみる »

2013年2月27日 (水)

PIC24FにジャイロコンパスXG1300Lをつなぐ

花岡ちゃんのウィークエンド

今回はLEGO用のジャイロコンパスXG1300Lをつないでみます。もちろんI2Cです。
センサは以前実験済み。詳しくはこのページこのページこのページこのページ、を見てください。また、このセンサを応用した自動操縦カーの実験もしています。

今回のプロジェクトです。EEPROM、I2C液晶、HMC6352、XG1300L用のI2Cドライバが含まれますが、使っているのはI2C液晶とXG1300Lだけです。
「pic24f_test_4.zip」をダウンロード

プログラムを実行するとXG1300Lを読み出して液晶に表示します。リセットで0、右回りでプラス、左でマイナスになります。読み出し値は0.01度単位で±18000が計測範囲になります。

Dscn2532

ボタンを押すとその方位を0としてリセットします。

このセンサはLEGO用ですが、その他に同じメーカーからR1350Nという同じような1軸ジャイロコンパスが出ています。この写真の右側の部品です。
Dscn2531

XG1300Lをバラして見た訳ではないですが、大きさや性能から見て同じものが入っているようです。ただインターフェイスがロジックレベルのシリアル通信になっています。こちらはXG1300Lの1/3くらいのお値段ですので、シリアルでよければこちらが良さそうですね。


« PIC24Fに電子コンパスHMC6352をつないでみる | トップページ | turtlesim_nodeを自作ノードで動かしてみる »

花岡ちゃんのウィークエンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/49707264

この記事へのトラックバック一覧です: PIC24FにジャイロコンパスXG1300Lをつなぐ:

« PIC24Fに電子コンパスHMC6352をつないでみる | トップページ | turtlesim_nodeを自作ノードで動かしてみる »