2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« PIC24Fに手を出してみる | トップページ | PIC24Fで秋月のI2C液晶を使ってみる »

2013年2月19日 (火)

pythonで作ったノードサンプルを実行する

ROSさんお手やわらかに:ROS入門編

前回作った発行のノードサンプルを実行してみる

なにはともあれ
make
でノードとして実行できるようにする。

あとはroscoreを実行後、別のターミナルを開いて

rosrun beginner_tutorials talker.py

で、実行できるはずだが・・ うまくいかない。beginner_tutorialsというスタックかパッケージはないと言われる。色々試してみると、開いたターミナルでsource myros(これ)を実行しないとmakeもroscdもうまくいかないようだ。turtlebotのテストではそんなことはなかったのに・・ 
と思ったらここに注意があった。なんかこれとも違うような感じだが、ともあれ新しいターミナルを開いたらsource myros(source ~/fuerte_workspace/setup.bash)をやっておいた方がよいようだ。

実行すると画面にメッセージが、こんな風にタイムスタンプ付きで表示され続ける。

[INFO] [WallTime: 1361203264.644360] hello world 1361203264.64
[INFO] [WallTime: 1361203265.646276] hello world 1361203265.65
[INFO] [WallTime: 1361203266.648367] hello world 1361203266.65
[INFO] [WallTime: 1361203267.650462] hello world 1361203267.65
[INFO] [WallTime: 1361203268.652513] hello world 1361203268.65
・・・・・・

ここまでできればとりあえずOKのようだ。

« PIC24Fに手を出してみる | トップページ | PIC24Fで秋月のI2C液晶を使ってみる »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/49498137

この記事へのトラックバック一覧です: pythonで作ったノードサンプルを実行する:

« PIC24Fに手を出してみる | トップページ | PIC24Fで秋月のI2C液晶を使ってみる »