2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« tfのデモを試す(作成編) | トップページ | tfのデモを試す(ブロードキャスター解析編) »

2013年4月20日 (土)

その前にroslaunch XMLを見ておく

ROSさんお手やわらかに:ROS入門編

tfのサンプルコードを見ていく前に、今回のチュートリアルで初めて使ったroslaunchについてまとめる。
これはroscoreと必要なノードを自動的に起動し、初期設定などを行うもの。また終了時にはノードとroscoreをきちんと終了してくれる。実験を要領良く行うには必須だ。

設定項目はXX.launchというファイルにXMLで記述し、パッケージのlaunchフォルダに置く。デモで作成したstart_demo.launchは下記。

Screenshot_from_20130420_112540

nodeタグは起動するノードとその起動方法を定義、paramタグはパラメータの初期値を決める。
3行目は基本的な書き方。turtlesimパッケージのturtlesim_nodeノードをsimという名前で起動するよう定義している。
4行目にあるoutput=はstdoutとstderrをスクリーンに表示するかログに残すかの指定。デフォルトはlogだがstderrは画面にも表示される。

8行目からはブロードキャスターの定義。turtle1とturtle2のブロードキャスターを別々のプロセスとして起動している。ノードの名前とturtleパラメータが違っているだけで、その他はまったく同じ。なお、respawnは何らかの理由でノードが落ちたときに再起動するかどうか。ここでは再起動しないようにしている。初期値が必要だからか?

ブロードキャスターは二つのプロセスとして起動されるので、前回rqt_graphでみたとおり別々のノードとして扱われる。一方2匹のタートルはturtlesim_nodeの二つのインスタンスであり、「タートル2を作る」作業はリスナーの初期化部でturtlesim_nodeにspawnサービスを要求して行っている。

« tfのデモを試す(作成編) | トップページ | tfのデモを試す(ブロードキャスター解析編) »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/51305618

この記事へのトラックバック一覧です: その前にroslaunch XMLを見ておく:

« tfのデモを試す(作成編) | トップページ | tfのデモを試す(ブロードキャスター解析編) »