2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« catkin超入門(その4)・パッケージを作る | トップページ | ご家庭のroombaを実験用ロボットにする »

2013年8月 4日 (日)

catkin超入門(その5)・tfを追加して完成

ROSさんお手やわらかに:ROS奮闘編

tfのブロードキャストを利用してroombaのオドメトリをrvizでモニターする。もとの投稿はこれ。スクリプトはこんな風になる。
rbjoy.py

catkinでは最初の

import roslib
roslib.load_manifest('roomba_work')

これらはいらないが、残しておいてもエラーにはならない。(新たにcatkinでパッケージを作った場合、マニフェストが作られないので、エラーになる)

それから依存関係だが、どうもなにもしなくとも実際は動くようだ。元の投稿では、マニフェストにtfへの依存関係を追加したが、catkin版ではなにもしていない。本来ならpackage.xmlに追加しなくてはならないはずだ。pythonだと、スクリプトに依存関係が記述してあればいいのだろうか? 今のところよくわからない。

ともあれ、あとは元の投稿どおりの操作で、rvizにroombaの座標を表示できた。

これで、fulteのrosbuildで試したroombaを動かす実験を、groovyのcatkinで追試するのには成功した。これで安心してgroovyに乗り換えることができそうだ。

« catkin超入門(その4)・パッケージを作る | トップページ | ご家庭のroombaを実験用ロボットにする »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/52735702

この記事へのトラックバック一覧です: catkin超入門(その5)・tfを追加して完成:

« catkin超入門(その4)・パッケージを作る | トップページ | ご家庭のroombaを実験用ロボットにする »