2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« リモートマシンのパッケージをroslaunchで起動 | トップページ | レーザー測域センサをrvizで読む »

2013年9月28日 (土)

roombaにURG-04LXを搭載

ROSさんお手やわらかに/花岡ちゃんのウィークエンド

ROS実験用roombaに測域センサURG-04LXを搭載しました。

まず、ベースの板がずれないように、木切れで作ったストッパーをroombaに両面テープで固定します。発進停止時の慣性や障害物との軽い接触などで、ベースが動いて、取り付けた測域センサとroombaの位置関係がずれる可能性があります。こうなるとナビゲーションに影響が出てしまうので、これを防止するためです。

Dscn2643

このように、roombaにストッパーを貼り付けます。これでベースのスペーサーを、下の写真のように押さえます。

Dscn2644

ベース自体を両面テープで張り付けても良いわけですが、なにかと取り外す機会も多いので、簡単に外せるよう、こんな構造になりました。

測域センサは3mmのビス2本でベースに固定しました。これがずれるといろいろと面倒なので、しっかり固定します。

Dscn2647

これが配線を済ませた状態です。

Dscn2654

裏側はこんな風になっています。ケーブルは束線バンドで束ねて、ケーブルフックで固定します。いずれもダイソーで買った安物です。

Dscn2656

« リモートマシンのパッケージをroslaunchで起動 | トップページ | レーザー測域センサをrvizで読む »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

花岡ちゃんのウィークエンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/53422393

この記事へのトラックバック一覧です: roombaにURG-04LXを搭載:

« リモートマシンのパッケージをroslaunchで起動 | トップページ | レーザー測域センサをrvizで読む »