2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« レーザー測域センサをrvizで読む | トップページ | roombaプラットフォームのまとめ(その1) »

2013年10月 5日 (土)

ROSのアップデートでsetup.bashがエラーに

ROSさんお手やわらかに:ROS奮闘編

最近(2013年10月)、ROS(groovy)が大幅にアップデートされたようだ。その結果、端末を開いた時の環境設定

$ source ~/catkin_ws/devel/setup.bash

を実行すると、このようなエラーが出るようになった。

bash: /share/rosbash/rosbash: そのようなファイルやディレクトリはありません

顕著な現象としては、tabでパッケージ名などを補完しようとすると、[rospack] Warning: ROS_ROOT=/share/ros is not a directoryというワーニングが出るというものだ。ワーニングの後に補完の文字列も出るので、無視して入力を続ければ、動作には問題がないようだが・・

このページによると、ディレクトリの指定が短縮形になっているためのようで、setup.bashの実行後(エラーは無視して)、環境変数に正しいパスを設定すればいいようだが、これは面倒だ。

抜本的な解決策なのかどうかは解らないが、catkin_wsのbuildとdevelフォルダを削除し、一度catkin_makeをすれば良いとある。これをやってみると、新たにbuild、develが作られた。
新たに作られたsetup.bashではエラーは出なくなる。動作も問題ないようだ。


« レーザー測域センサをrvizで読む | トップページ | roombaプラットフォームのまとめ(その1) »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/53499188

この記事へのトラックバック一覧です: ROSのアップデートでsetup.bashがエラーに:

« レーザー測域センサをrvizで読む | トップページ | roombaプラットフォームのまとめ(その1) »