2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« eVY1とMC-4が合体? | トップページ | 3Dプリンタを導入 »

2014年1月26日 (日)

その後のeVY1

花岡ちゃんのウィークエンド

ボチボチ進行してるeVY1内蔵シーケンサの中間報告です。

現在、写真のような状況で、アマゾンの箱の中にバラック一式がおさまるようになっています。箱を持ってくればすぐにセットアップできるので、とても便利です。

Dscn2709

試作機のコンセプトは、
 1:スタンドアロンでデータ入力と演奏が出来る。
 2:ワンチップマイコンを使う。
 3:MC-4に外観と操作方法が似ている。

マイコンはおなじみのPIC24FJ64GA002-I/SP、演奏データは内蔵RAM5KB分に格納します。外部メモリには256KbitのEEPROMを搭載し、演奏データをセーブします。これはコネクタで差し替え可能で、MC-4のカセットテープの代わりにします。
ユーザーI/Fは16キーと秋月のI2C液晶です。これで全てのデータ操作を行います。キー数はMC-4より少なくなっていますが、これは小型化とケース加工の手間を省くためです。ちょっと使いにくくはなりますが、これで音楽活動をするわけではありませんので、この辺は我慢することにします。

現在、ひとまず演奏できるところまではたどり着きました。アルディーノでやったときは、歌詞の送信タイミングでちょっと苦労したのですが、きちんと送信キューを実装したところ、ノートオンイベントの直前の送信で、問題なく受け付けられました。アルディーノの時は、直前だと最初の音がきちんと発生されませんでした。もしかすると、一回に送信する歌詞を5文字(以前は10文字以上)にしたので、送信時間が短くなったせいかもしれません。

仕様をきっちり決めずに作業しているので、なかなか進行せず、完成が危ぶまれましたが、ここまでくればなんとか完成形には持っていけそうです。


« eVY1とMC-4が合体? | トップページ | 3Dプリンタを導入 »

花岡ちゃんのウィークエンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/54756435

この記事へのトラックバック一覧です: その後のeVY1:

« eVY1とMC-4が合体? | トップページ | 3Dプリンタを導入 »