2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« すごく良い本"ROS by Example" | トップページ | 「触角」センサを作る »

2014年11月 3日 (月)

BeagleBone Blackをwifi化して消費電流をチェック

花岡ちゃんのウィークエンド

ubuntu14.10がめでたくインストール出来たところで、無線LAN化することにします。無線LANアダプタは定評のあるバッファローのWLI-UC-GUMを使いました。アマゾンで1000円しませんでした。

Dscn2899

差し込んで電源を入れるだけで認識できました。下記コマンドでwlan0に関する情報が表示されることを確認すればOKです。

$  ifconfig

wifiを使うには $ sudo emacs /etc/network/interfaces でinterfacesファイルに下記を追加します。これはWEPで、IPアドレスを固定する場合です。それからeth0に関する記述をコメントアウトしておきます。コメントアウトしなくても起動しますが、イーサネットにLANを繋いでいないと、起動に2分くらい掛かるようになります。これはイーサネット接続を探しているからのようです。

# wireless adapter
auto wlan0
iface wlan0 inet static
address 192.168.1.52
netmask 255.255.255.0
network 192.168.1.0
gateway 192.168.1.1
dns-nameservers 192.168.1.1
wireless-essid <SSIDを指定>
wireless-key <WEPkeyを指定>

wifi接続時の消費電流を計ると、300mAくらいでした。これならアルカリ単三電池で4時間くらいは使えそうです。さらにWEBカメラを接続し、motionを起動してネットカメラ状態での電流も計ってみました。下の写真です。USBが足りないのでハブを追加しています。

Dscn2900

カメラはオートフォーカスの高級品です。そのせいか、電流は700mAくらいに跳ね上がりました。これだとアルカリ単三では2時間がやっとでしょう。

« すごく良い本"ROS by Example" | トップページ | 「触角」センサを作る »

花岡ちゃんのウィークエンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/57879853

この記事へのトラックバック一覧です: BeagleBone Blackをwifi化して消費電流をチェック:

« すごく良い本"ROS by Example" | トップページ | 「触角」センサを作る »