2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« turtlebotに使うラップトップの性能は | トップページ | turtlebotコンパチ機まとめ(その1) »

2014年12月28日 (日)

新しいラップトップを導入する

ROSさんお手やわらかに:ROS青雲編

現在のX61(Cor2Duo 2G RAM2G)で不足がある訳ではないが、ロボットに搭載するラップトップを新調することにした。もちろん中古だが。Thinkpad X201、i5(2.66GHz)、RAM4G、SSD128Gというものだ。X61はOSなしのジャンクだったが、今回はWin7がインストールされているちゃんとしたものだ。ヤフオクで17K円ほどだった。

Dscn3013

12インチサイズで、横幅は約300mm。少しはみ出すが、こんな風に縦に乗せることが出来る。

Dscn3006

Win7をつぶすのはもったいない。ウチではWin7はデスクトップにしか入っていないので、Win7の使えるラップトップは魅力的だ。ロボット開発の、かなりの作業がMacとubuntuで出来るようになったが、残念ながらD2CADでの回路図作成はWindowsでないと出来ない。そしてまた、D2CADのように気楽に使える回路図CADは他にないのだ。

という訳で、パーティションを切ってubuntu 12.04(64bit)をUSBメモリでインストールした。インストール時にパーティションを切ってくれるので楽チンだ。40GBをubuntuに割り当てたが、スワップ領域もとられるので、ディスクサイズは35.6GBになった。ROS hydroとturtlebotのフルインストールで10.5GBだった。残りは25GB程しかないが、今までの経験から、ROSのプログラムはとても小さなものが多いので、コレだけあれば、画像認識だって大丈夫だろう。

turtlebotのテストを一通りしたが、特に問題はなかった。X201は電池の持ちも良く、比較的小型軽量で中古のタマ数も多い。ROSのロボット搭載ラップトップとしては、都合がいいようだ。

« turtlebotに使うラップトップの性能は | トップページ | turtlebotコンパチ機まとめ(その1) »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/58404852

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいラップトップを導入する:

« turtlebotに使うラップトップの性能は | トップページ | turtlebotコンパチ機まとめ(その1) »