2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« STM32F4の開発環境をCoIDEにする | トップページ | 【昔語り7】コアメモリのメモリイ »

2015年5月 5日 (火)

ShakeyのプログラムをCoIDEに持ち込む

管理人のページ:

前回サーボのタイミングがずれていたShakeyの制御プログラムが、ようやくまともに動くようになりました。結果的にsystem_stm32f4xx.cでのPLLの設定を下記に変更しました。

#define PLL_M      25
#define PLL_N      336

もともとのプログラムはTrueSTUDIOで作成したもので、これだとこうなっているようです。TrueSTUDIOから乗り換えてタイマー周りの動作がおかしい場合は、これをチェックしてみるとよさそうです。外付けクリスタルが8MHzなのにPLL_Mの設定値がなんとなく変ですが、これで動くようにしてしまっているので、このままにします。

それから、プロジェクトファイルが消える件ですが、安定版としては最新の1.7.8をインストールしたところ、それ以来起こってません。念のため.coprojeの拡張子がつくファイルのコピーはまめに作ってはいますが、いまのところ出番は無いようです。

【後日追加】残念ながらプロジェクトファイルはやっぱり消えます。コピーを作っておくのが無難です。

« STM32F4の開発環境をCoIDEにする | トップページ | 【昔語り7】コアメモリのメモリイ »

管理人のページ」カテゴリの記事

コメント

ファイルを保護してもきえちゃうんですか?
こわくて使えないですね

消えるのはプロジェクトの構成を記述したプロジェクトファイルだけです。まあ、1回つくってコピーを用意しておけばいいので、実用上はあまり気になりません。ただ、検索してもあまりそんな声が聞こえてこないので、僕の環境だけなのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/59890132

この記事へのトラックバック一覧です: ShakeyのプログラムをCoIDEに持ち込む:

« STM32F4の開発環境をCoIDEにする | トップページ | 【昔語り7】コアメモリのメモリイ »