2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 格安WiFiモジュールESP-WROOM-02を試してみる(その2) | トップページ | RedBearLab WiFi Microを試してみよう(その2) »

2015年12月 7日 (月)

RedBearLab WiFi Microを試してみよう(その1)

久しぶりの投稿です。

最近なにかと話題になる、高機能マイコン内蔵のWiFiモジュールを試してみます。超小型でアルディーノ風の開発環境が使える、TIのCC3200を使ったRedBearLab WiFi Microです。
おなじみスイッチサイエンスで開発キットを購入しました。

詳しい性能は前出のリンクを見てもらうとして、早速パッケージをあけてみました。

Brog_img_2421

基板が2枚とピンヘッダがひとそろい出てきました。組み立ての必要があるようですが、どうもどこにも情報がありません。
色々探して見つけたのが、このページと、このPDFです。これにそってセットアップ手順をまとめました。

まず書き込み器MK20には7ピンのピンソケットをこのようにハンダ付けします。

Dscn3070

ここで、MK20のファームウェアを変更します。ファームウェアはGitHubから入手しますが、他のファイルも必要になるので、このディレクトリを丸ごと落としておいた方がよいです。手順はこうなります。

1:MK20のUSBプラグの脇にあるボタンを押しながらパソコンに挿す。基板上のLEDがゆっくり点滅する。
2:BOOTLOADERというボリュームとして認識されるのでダブルクリックで開く
3:GitHubからダウンロードしたディレクトリのMK20フォルダにあるWiFi-Micro_MK20.binをBOOTLOADERにドラッグしてコピーする。
4:BOOTLOADERが自動的に閉じる。基板上のLEDが早く点滅する。
5:MK20を抜き取る。

気をつけるのは、確認のつもりで再度ボタンを押しながらMK20を挿しても、WiFi-Micro_MK20.binが見えないということです。変更前と全く同じ内容です。USBメモリのようなものではないようです。これがわからなくて、書き込まれてないのではと色々調べて、ずいぶん時間を無駄にしました。
それからもうひとつ。Macだとドラッグではうまくいかないようです。ちゃんとやってるはずのなのに、書き込みできません。ターミナルからcpコマンドなら良いという情報もありましたが、確認していません。今回はubuntuでやりました。

次回に続きます。

« 格安WiFiモジュールESP-WROOM-02を試してみる(その2) | トップページ | RedBearLab WiFi Microを試してみよう(その2) »

花岡ちゃんのウィークエンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/62860626

この記事へのトラックバック一覧です: RedBearLab WiFi Microを試してみよう(その1):

« 格安WiFiモジュールESP-WROOM-02を試してみる(その2) | トップページ | RedBearLab WiFi Microを試してみよう(その2) »