2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« RedBearLab WiFi Microを試してみよう(おしまい) | トップページ | Raspberry pi 2でturtlebotコンパチ機が動く(つづき) »

2016年1月30日 (土)

Raspberry pi 2でturtlebotコンパチ機が動く

久しぶりですが、ROSの話題です。

最近、ROSの話題が多く、日本語の解説書も増えてきました。ロボットブームの賜物でしょう。
そんな訳で、作っただけで安心していたturlebotコンパチ機をまたぞろいじり始めました。

現在はturtlebotの制御用にubuntuを乗せたThinkPad X201を使っています。こんな感じです。

Dscn3006 Dscn3007_2

ラップトップとしては小型ですが、ロボットに乗せるとかなりジャマです。これをbeagleboneかraspberry piに置き換えられないでしょうか。だいぶ小さくなるのでロボットのフレームを単純化出来そうです。

ラップトップを使わない利点は他にもあります。僕はヤフオクで中古のラップトップを探してますが、それでも1万円位はします。こういうのはだいたいバッテリーがダメなので、新しいバッテリーも購入しなければなりません。結構な出費です。
beaglebone green やraspberry pi 2は5000円位です。バッテリーも2000円くらいのモバイルバッテリーを使えば数時間動作します。無線LANアダプタが1000円、あとはマイクロSDですが、携帯電話のお下がりを利用すればタダです。

という訳で、まずは試してみました。
beagleboneではロボットをテレオペレーションで動かすことは出来ましたが、人間追跡デモはダメでした。kinectからのデータストリームがタイムアウトしているようです。
本命は4コアになったraspberry pi 2です。

Dscn3081

こんな風にロボットに搭載しました。ロボットの一階はご覧の通りスカスカです。

Dscn3080

テストの結果は大成功。人間追跡デモもマップの作成も自律移動も、ラップトップに遜色のないパフォーマンスで行うことが出来ました。

このロボットをROS入門用と割り切るなら、raspberry pi 2を使えば良いと思います。roombaやkinectも中古で調達すれば3万円くらいの建造費で何とかなりそうです。

製作記はこれからブログに連載するつもりです。

« RedBearLab WiFi Microを試してみよう(おしまい) | トップページ | Raspberry pi 2でturtlebotコンパチ機が動く(つづき) »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

ラズパイでROS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/63717486

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry pi 2でturtlebotコンパチ機が動く:

« RedBearLab WiFi Microを試してみよう(おしまい) | トップページ | Raspberry pi 2でturtlebotコンパチ機が動く(つづき) »