2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その4) | トップページ | Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その6) »

2016年2月 7日 (日)

Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その5)

ここまででubuntu14.04がWiFiで使えるようになりました。ホストマシンからsshでログインして次の手順に進みます。xxxはraspberry pi 2のIPアドレスです。

$ ssh ubuntu@xxx.xxx.xxx.xxx

IPは固定してあるという前提でハナシを進めます。

まず、ubuntu以外のユーザーを追加します。ROSを使いたいなら他のubuntuマシンもあるはずですから、そこのユーザー名で登録しておくと便利です。ここではユーザー名hanaokacyanを追加します。

ユーザーを追加する前に、現在ubuntuとなっているホスト名を、わかりやすいものに変えておきます。これは下記二つのファイルのubuntuとなっている部分を、自分で決めたホスト名に変更します。今回はuPiにしました。

/etc/hostname
/etc/hosts

ここでrebootしホスト名がupiになっていることを確認します。

ユーザー、hanaokacyanを追加し、管理者権限を与えます。コマンドは下記です。

$ sudo adduser hanaokacyan

これを実行した結果は下記のようになります。赤字が打ち込む部分です。Full Name []:以降の部分はオプションです。そのままエンターキーでも問題ありません。

Adduser

ここでrebootし、もう一度ubuntuでログインします。次は次のコマンドでhanaokacyanに管理者権限を与えます。

$ sudo gpasswd -a hanaokacyan sudo

再度rebootし、今度はhanaokacyanでログインできることを確認。idコマンドで次のようにsudoが入っていればOKです。

hanaokacyan@uPi:~$ id
uid=1001(hanaokacyan) gid=1001(hanaokacyan) groups=1001(hanaokacyan),27(sudo)

これで準備が整いました。次回はROSをインストールします。

« Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その4) | トップページ | Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その6) »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

ラズパイでROS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/63840510

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その5):

« Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その4) | トップページ | Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その6) »