2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« Raspberry pi 2でturtlebotコンパチ機が動く(つづき) | トップページ | Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その2) »

2016年2月 1日 (月)

Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その1)

Raspberry pi 2でROS(indigo)を動かしてみます。

まずはubuntu14.04LTSを導入する訳ですが、出来ればシリアルコンソールだけで作業したいところです。色々調べてみましたが、シリアルコンソールは無効になっていてモニタとキーボードがないとインストール作業ができないようです。今回はHDMI-DVI変換ケーブルを買ってきてデスクトップのモニターと接続しました。

最初にマイクロSDの準備をします。今回は16Gのものを使いました。システムとROS、turtlebotのスタックを入れた状態でrootが3.4G程ですから、これで十分でしょう。パーティションが切ってある使い回し品の場合は、パーティションを削除する必要があります。

次に書き込むイメージファイル"2015-04-06-ubuntu-trusty.zip"をここからダウンロードします。あとはマイクロSDをマウントし、解凍して出来た"2015-04-06-ubuntu-trusty.bmap"をドラッグするだけです。 Macならこちらのサイト、Windowsならこちらのサイトを参考にして書き込みます。
僕は作業をMacでやりましたが、もちろんubuntuでも出来ます。

Dscn3089

ここから先は、モニターとUSBキーボードが必要です。
マイクロSD、モニター、キーボードをRaspberry pi 2に接続し電源を入れると、モニターに起動メッセージが流れ、しばらくするとログイン待ちになります。最初の起動にはちょっと時間が掛かるみたいです。
ここでデフォルトの設定
ユーザー:ubuntu
パスワード:ubuntu
で、ログインします。ここまで出来れば一安心です。次回はシリアルターミナルを有効にします。

« Raspberry pi 2でturtlebotコンパチ機が動く(つづき) | トップページ | Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その2) »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

ラズパイでROS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/63732433

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その1):

« Raspberry pi 2でturtlebotコンパチ機が動く(つづき) | トップページ | Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その2) »