2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その3) | トップページ | Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その5) »

2016年2月 4日 (木)

Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その4)

今回はubuntuのWiFi環境をセットアップします。

この時点では、この写真のような状態で動作するまでになりました。

Dscn3085

シリアルコンソール以外にLANケーブルが接続されています。これでDHCPでIPアドレスが割り当てられているはずです。

$ ifconfig

を実行するとeth0にIPが振られているのが確認できます。Macやubuntuのターミナルから ssh ubuntu@XXX.XXX.XXX.XXX(XXXはraspberry pi 2のIPアドレス)でログインできると思います。(後日追加:まだsshサーバがないので入れません。シリアルコンソールかキーボードから sudo apt-get install openssh-server でインストールする必要があります)

WiFi環境は未実装ですので、下記コマンドでインストールします。

$ sudo apt-get install wireless-tools

テストしたWiFiアダプターはplanexのGW-USNano2とBUFFALOのWLI-UC-GNM2です。どちらもすんなり使えました。この方法でubuntu14.041をインストールしたraspberry pi2ではBUFFALOのWLI-UC-GNM2は使えませんでした。rasbianだと使えます。

Dscn3090

アダプターを認識しているかどうかは下記コマンドで確認できます。

$ iwconfig

このような結果が帰ってくれば、アダプターが認識され、wlan0に割り当てられているのがわかります。

Wlan

次は無線LANネットワークの設定です。これはネット上に情報がたくさんあるので、わかりやすいサイトをご案内します。このサイトでは固定IPの設定まで簡潔にまとめられています。

【後日追加】このままではWPAでの接続ができません。こちらの投稿を読んでください。

【さらに後日追加】下記でlinux-firmwareとwpasupplicantもインストールすればWLI-UC-GNM2を含む他のwifiアダプターも使えるようになり、上のWPAの接続問題も解消します。
$ sudo apt-get install linux-firmware wireless-tools wpasupplicant

これが出来ればLANケーブルを外して運用できます。次は自分用のユーザーアカウントを追加します。

« Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その3) | トップページ | Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その5) »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

ラズパイでROS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/63745045

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その4):

« Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その3) | トップページ | Raspberry pi 2でROS(indigo)を使う(その5) »