2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« kinectの電源ケーブルを作る | トップページ | 電装品の組み付け »

2016年3月11日 (金)

roombaとのインターフェイスケーブルを作る

最後にroombaのインターフェイスから、ラズパイに接続したUSBシリアル変換機へのケーブルを作ります。完成品はこんな風になります。

Dscn3298

左側が直接ラズパイのUSBポートに差し込むUSBシリアル変換機。右側がroombaのインターフェィスコネクタへ差し込む7PのminiDINプラグです。

USBシリアル変換機はアマゾンで売られているこれを使いました。似たようなものは色々ありますが5Vロジックレベル、または5Vトレラント入力の3.3Vロジックのものならば使えるでしょう。ポピュラーなものなら秋月電子のこれに短いUSBケーブルをつけてもよいでしょう。

接続図は電源基板の配線図にあります。ワイヤーはオスーメスのジャンプワイヤ(150mm)を加工して使うと良いでしょう。

Dscn3206

これに7PのminiDINプラグを接続します。miniDINプラグとはこんなものです。一昔前はちょっとしたラジオ部品店で簡単に入手できたのですが、最近はとんとお目にかかれなくなりました。

Dscn3205 Dscn3204

ジャンパワイヤーのオス側の先端を切り落とし、miniDINプラグにハンダ付けします。ピンの頭にちょっとしたくぼみがあるだけなので、ハンダ付けにはテクニックが必要です。ここにはバッテリー電圧も出ているので、そことショートしないように気をつけます。接続はこの投稿で電源基板の回路図をみてください。

Dscn3208

ハンダ付けに自信のない向きには、下の写真のようにジャンプワイヤーをそのままroombaのコネクタに差し込む手があります。差し込んだ状態でホットボンドでワイヤーをまとめれば、お手製のコネクターにできるでしょう。

Dscn3173

ここまでで全てのケーブルの製作が終わりました。

« kinectの電源ケーブルを作る | トップページ | 電装品の組み付け »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

ラズパイでROS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/64312664

この記事へのトラックバック一覧です: roombaとのインターフェイスケーブルを作る:

« kinectの電源ケーブルを作る | トップページ | 電装品の組み付け »