2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ラズパイ2搭載turtlebotを評価する | トップページ | Raspberry Pi3でturtlebotを動かしたいのだけど »

2016年5月21日 (土)

Hanabot2のアッパーデッキの作り方

以前の投稿でお披露目したアッパーデッキの作り方です。

材料は6mm厚のMDFかベニヤ板と10X30mmのヒノキ角材です。MDF板は400X300mmのもの1枚、角材は900mmのもの4本を用意します。また、組み立て用に4X25mmのビスとナットワッシャーを8組用意します。ヒノキ角材は必ず指定の寸法のものを使ってください。以下の説明はこの角材を使った場合です。

6mmのMDFはこのように切り出します。(画像はクリックすると拡大します)

Upperb

ベース部分の形に合わせたのでヘンテコな形になっています。まず中心線を引き、写真でいうと水平方向の補助線をけがいていき、外形をつないでピラニアソウで切り出しました。面倒な人は300X280mmの四角形に切り出して、四隅を30mmほど面取りするだけでも良いでしょう。

角材はこのように加工します。

Uppers

寸法は長さ方向のみを記載しています。穴の寸法は1箇所だけ入れてありますが、全て同じ位置に開けます。

では組み立てましょう。まず、前部ステーの工作です。C,D,Eを使います。最初にEにDを写真のように木工用ボンドで接着します。ずれないように気をつけます。

Dscn3396

次に。出来上がったものをCの穴が開いてないほうの端に接着します。これも真っ直ぐになるよう気をつけて工作します。

Dscn3398

最後にAにステーの取り付け部になるFを接着します。

Uppera

これも中心線に対して補助線を引き、それをガイドにFを接着していきます。この時Fが中心線と平行になるよう注意してください。取り付け位置にFの外形を作図しておき、接着ガイドとするのがよいでしょう。接着剤が乾いたら、これに角材のステーをビス止めします。

Dscn3440  Dscn3442_2

これで完成です。Hanabot 2の拡張用ステーにビス止めすればアッパーデッキになります。

Dscn3438  Dscn3427

« ラズパイ2搭載turtlebotを評価する | トップページ | Raspberry Pi3でturtlebotを動かしたいのだけど »

ROSさんお手やわらかに」カテゴリの記事

ラズパイでROS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/65592096

この記事へのトラックバック一覧です: Hanabot2のアッパーデッキの作り方:

« ラズパイ2搭載turtlebotを評価する | トップページ | Raspberry Pi3でturtlebotを動かしたいのだけど »