2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« レーザーレンジファインダーの効果は | トップページ | WiringPi-Pythonでつまづく »

2016年8月18日 (木)

raspberry Pi3でubuntu14.04の新しい情報

ラズパイ3に入れたubuntu 14.04とROS(indigo)でturtlebotまわりの実験をぼちぼちやってきました。問題なく動くしラズパイ2より早いのでなかなか快適です。

ただしapt-get upgradeで更新できないので、組み込み用途としてはともかく、研究開発にはちょっと困った仕様で、あまりお進めできないシロモノでした。ともあれ、正式版のラズパイ3対応14.04が出るか、サポートしている16.04対応のROS(kinetic-kame)で動くturtlebotみたいなものが出るかまでのツナギと考えてそのまま使ってます。

最近、同じ元ネタで、しかももっとスマートに14.04をラズパイ3で使う方法を公開している方がいるので紹介します。「RaspberryPi3にUbuntu14.04をインストールする方法」というページで詳しく解説してくれてます。しかもupgradeも可能で大変使いやすいバイナリです。

僕のブログで説明した改造14.04のイメージを、sudo apt-mark hold raspberrypi-bootloader-nokernelというコマンドでブートローダーを更新しないよう設定し、apt-get upgradeしてみましたが、更新後でもちゃんと起動できました。これはありがたい情報です。

また、デフォルト以外のwifiドライバをインストールするには、sudo apt-get install linux-firmwareでできることがわかりました。ただ、残念ながら僕の環境では内蔵wifiを使えませんでした。これはlinux-firmwareを入れて内蔵wifiを認識させる前に、USBwifiアダプタをwlan0に割り当てられてしまったせいではないかと思います。ラズパイ3の内蔵wifiはwlan0にしか割り当てできないそうなので、これが悪さをしているのかもしれません。いまのところ再インストールしかなさそうですが。

さて、これで少し安心して使えそうです。

【追補】残念ながら新たにインストールしても内蔵wifiは使えませんでした。

【後日追加】紹介した方法で新たにラズパイ3を構築してみました。僕のやり方が悪いのか、更新ファイルがその時から変わっているのか分かりませんが、ハングアップがよく起こります。rebootなどsudoしたときに多いように思いますが、確実ではありません。2回試して見ましたがどちらも同じでした。

僕のブログで解説したupgradeできない方法ではそんなことはなかったので、ハードのせいではないと思います。imgファイルも公開されているようなので、それをDLして試してみようかと思います。

【↑の訂正】ハングアップの原因は/boot/から不要なファイルを削除するのを忘れていたためのようでした。これを行ったらハングアップしなくなりました。調子良いです。後ほどまとめてレポートします。→この投稿です。

« レーザーレンジファインダーの効果は | トップページ | WiringPi-Pythonでつまづく »

ラズパイでROS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/67066272

この記事へのトラックバック一覧です: raspberry Pi3でubuntu14.04の新しい情報:

« レーザーレンジファインダーの効果は | トップページ | WiringPi-Pythonでつまづく »