2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ラズパイubuntuの日本語化 | トップページ | ubuntuラズパイ3のシリアルターミナルを有効に »

2016年9月29日 (木)

ラズパイにOpen-Jtalkを入れる

ROSが動いているubuntuラズパイにフリーの日本語TTS、Open-Jtalkをインストールして、ロボットが喋れるようにしましょう。まず最初にwavファイルが再生できるようにセットします。下記でインストールしますが、僕の場合はすでにインストールされていました。念のためにやっておきます。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install alsa alsa-utils

これだけではダメで、/boot/config.txtの最後に下記の1行を追加し、オーディオ機能をONにします。

dtparam=audio=on

さらに自分をaudioグループに追加します。ぼくはhanaokacyanなのでコマンドは下記になります。ここでrebootしてここまでの設定を反映させます。

$ sudo adduser hanaokacyan audio

最後に下記のコマンドでオーディオ出力をミニジャックに設定します。ここでrebootしてここまでの設定を反映させます。

$ amixer cset numid=3 1

ラズパイのミニジャックはビデオ信号入りの4極ですが、普通のステレオミニプラグを差し込むとオーディオだけが取り出せる(ビデオはGNDにショートされますが、直列抵抗が入っているので故障はしません)ので、ヘッドフォンや外部スピーカーなどがそのまま使えます。今回は写真のように折りたたみ式の外部スピーカーを使いました。

Dscn3513

サンプルwavファイルがalsaとともにインストールされてるので、下記のコマンドで音("front center"という音声)がでます。

$ aplay /usr/share/sounds/alsa/Front_Center.wav

音量の変更は次のコマンドでミキサーを表示して行います。↑↓キーで音量を変更できます。ただ、僕の環境では設定音量を保存できませんでした。電源を落とすまでは設定音量ですが、再起動すると初期の音量に戻ってしまいます。保存する方法もあるようですが、うまくいきませんでした。

$ sudo alsamixer

もっともミキサーを表示することなく、音量を変更できるコマンドもあります。最後の数値(%)で音量を指定しますが、リニアではないので70~100くらいで大幅に音量が変わります。ともあれ、このコマンドで起動する度にシェルスクリプトや.bashrcなどで音量を再設定してやれば実用上は問題なさそうです。

$ amixer sset 'PCM' 80%

肝心のJTalkのインストールは例によって他の方のインストール法をそのままやってみました。こちらのサイトです。この手順のとおりでpythonで喋らせることができました。次回はその応用でROSを使って喋らせてみます。

« ラズパイubuntuの日本語化 | トップページ | ubuntuラズパイ3のシリアルターミナルを有効に »

ラズパイでROS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140145/67723799

この記事へのトラックバック一覧です: ラズパイにOpen-Jtalkを入れる:

« ラズパイubuntuの日本語化 | トップページ | ubuntuラズパイ3のシリアルターミナルを有効に »