2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« Coronいただきました! | トップページ | シェーキーのボディは三丁目の香り? »

2009年12月29日 (火)

Coronの試運転

早速Coronを試運転しました。

付属CDから開発環境やライブラリをインストールします。
IDEはEclipseです。インストールしたフォルダにgccというフォルダがあるので、クロスコンパイラはgccを使っているのでしょうか?

Eclipseのワークスペースでソースコードを作成、コンパイルで出来たHEXファイルを"DFU File Manager"というソフトで転送用ファイル形式に変換します。
これを"DfuSe Demonstration"というソフトを使い、USB経由でCoronに書き込みます。Coronにはあらかじめそのためのファームウェアが書き込まれているそうです。

ちょっと厄介ですね。使用しているときには、このように3つのソフトを起動してないと不便です。

Coron

USBで接続しているときは電源はPCから供給されます。電源を用意する必要がないのでテストには便利です。でも、USBからだと、よくて500mA、下手をすると100mAでリミットがかかるので、モーターはちょっと無理です。電源を用意した方がよいでしょう。

電源はUSB、コネクタ、DCジャックの3系統があり、ダイオードで合成してあるので、どこから電源を供給しても同じです。もっともアマチュア的にはDCジャックからが一番手軽でしょう。2.1Φのプラグ、マニュアルにはありませんがセンタープラスです。(試しました)

電源電圧5Vで無限ループ実行時の電流は、約50mAでした。電池動作も問題ないですね。

« Coronいただきました! | トップページ | シェーキーのボディは三丁目の香り? »

ちょこっとCoron」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Coronの試運転:

« Coronいただきました! | トップページ | シェーキーのボディは三丁目の香り? »