2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 頭部カメラのフレームを作る | トップページ | ネットタンサーのカメラケーブルを延長 »

2010年1月 7日 (木)

Coronロボのボディ製作・合体完了!

製作した上段、下段シャーシを15mmのナイロンスタッドで合体させます。完成シャーシの裏表はこんな風になっています。
結局スピーカーは下段シャーシに伏せた形で軽く接着し、スポンジを挟んで上段シャーシで押えるようにしました。これが一番大きな音がします。
電池は1100mAhの単四型Ni-NHです。ボディの側面に充電端子を設けてあります。

Dscn0401  Dscn0402


完成写真がこれです。

Dscn0363  Dscn0364_2


緑色の謎の物体はトンボの猫じゃらしです。サーボホーンに熱収縮チューブで取り付けました。

今後は次の手順で作業を進めます。

■1:テスト用ソフトでハードのチェック
■2:旋回や直進など基本運動関数の作成とテスト
■3:障害物回避や壁伝い走行などの基本ビヘィビアの作成とテスト
■4:これらを組み合わせて猫と遊ぶアプリケーションの作成

猫に対するロボットのサイズはこんな感じです。試しに走行させてみましたが、怖がることは無いようです。安心しました。
それから奥さんがロボットに名前をつけてくれました。「ねずー」です。いい名前だと思います。


Dscn0399

« 頭部カメラのフレームを作る | トップページ | ネットタンサーのカメラケーブルを延長 »

ちょこっとCoron」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Coronロボのボディ製作・合体完了!:

« 頭部カメラのフレームを作る | トップページ | ネットタンサーのカメラケーブルを延長 »