2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ワンチップ・ボーカロイド eVY1を試してみる(その1) | トップページ | ワンチップ・ボーカロイド eVY1を試してみる(その3) »

2013年11月 3日 (日)

ワンチップ・ボーカロイド eVY1を試してみる(その2)

花岡ちゃんのウィークエンド

入手したeVY1シールドは、MIDIでデータを送ると演奏するようになっているので、アルディーノで簡単なシーケンサを作り、アカペラで歌わせてみました。まずは、この動画です。

声質はやや固めで、華やかなアニメ声とは少し違う感じがします。そういうわけで、昔の女学生が歌うような曲を歌わせてみました。
レガートに歌わせるのは、ちょっと難しいみたいで、こんな風にスタッカート気味で歌わせた方が、もたつきません。アカペラだとすこしばかり不自然な感じもしますが、伴奏がつけばもっとよくなるでしょう。
【後日追加】実はMIDIデータの送り方が悪く、レガートが苦手になっていました。eVY1の実力はもっとちゃんとしています。後ほど歌う動画と改訂版のスケッチを、ここにリンクします。 →こちらが改訂版の動画とスケッチです

アルディーノに組み込んだシーケンサは単音のものですが、ピッチ、ステップタイム、ゲートタイムの3つを指定できるようになっています。本宅にはこんなものがあるくらいですから、その辺は手慣れたもんです。

Img_0280

試した限りでは、譜面に歌詞を合わせただけだと、あまり出来がよくありません。とくに、早いフレーズはゲートタイムの調整などのチューニングが必要です。サンプル曲も、テンポがゆっくりな「花の街」より、16分音符のおおい「春の日の花と輝く」の方が、チューニングの効果がありました。

とりあえず、それぞれのサンプルスケッチを公開します。いずれも、ロードしてリセットすれば、5秒後に歌いだします。

eVY1_hananomachi_tuned.ino(花の街)をダウンロード
eVY1_harunohi.ino(春の日に花と輝く)をダウンロード

スケッチの解説は次回に。

« ワンチップ・ボーカロイド eVY1を試してみる(その1) | トップページ | ワンチップ・ボーカロイド eVY1を試してみる(その3) »

花岡ちゃんのウィークエンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンチップ・ボーカロイド eVY1を試してみる(その2):

« ワンチップ・ボーカロイド eVY1を試してみる(その1) | トップページ | ワンチップ・ボーカロイド eVY1を試してみる(その3) »